カラコン初心者 > お役立ち > 表と裏の見分け方

表と裏の見分け方

初心者が間違いやすいカラコンの表裏

初心者がカラコンを付ける時、つい表裏を間違ってしまうことがあります。

仮にカラコンの表裏を間違ったとしても、目がゴロゴロ不快なだけで問題ないと思っていませんか?

実は、カラコンの表裏を間違えてしまうと瞳を傷付けてしまったり、さまざまな目の病気を引き起こし兼ねないのです。

そこで、初心者にもわかりやすいカラコンの表裏の見分け方について触れてみたいと思います。

カラコンの表裏を見分ける3つの方法

カラコンの表裏を見分けるもっとも簡単な方法は、指の腹にレンズを載せてレンズのフチの反り返りをチェックすることです。

キレイにフチがお椀型になっていれば、表です。そのままカラコンを付けるだけで大丈夫です。

しかしレンズのフチが反り返っている場合は、裏返しになっているので、そのままカラコンを付けてはいけません

そしてカラコンの表裏を見分けるもう1つの方法に、色の濃さの違いがあります。

一般的に色が濃い方が表、そして若干色が白っぽく見える方が裏になります。

ただし、この見分け方はカラコンによって当てはまらない場合もあります。

また、レンズの端を摘まんでみてもカラコンの表裏がわかります。

小さく丸くなればその状態が表。逆にビロンと広がる感じの状態は裏返しになっています。

このようにきちんと見分ければ、カラコンの表裏を間違うことは無くなります。

カラコンの表裏を間違ってしまうと

カラコンは非常に柔らかい素材でできているため、表裏を間違っても装用できないことはありません。

そうはいってもカラコンは瞳のカーブに合わせて作られているので(BC=ベースカーブ)、どうしても表うらが逆になると違和感を感じるようになります。

「いつもより目がゴロゴロする」ようであれば、必ずカラコンを外して表裏を確認するようにしてください。

またカラコンを持つ時、絶対に爪を立てないようにしてください。

万が一爪を立ててしまうと、カラコンに傷を付けてしまい破れが生じると、目に傷がつく恐れがあります。

Copyright (C) カラコン初心者. All Rights Reserved.