カラコン初心者 > お役立ち > 初めは眼科に行くべきか

初めは眼科に行くべきか

カラコンを購入するなら、まず眼科へ

世間では、カラコンに関する様々な噂がまことしやかに囁かれています。

その多くが、「カラコンを付けると目にさまざまなトラブルが発生する」というものです。

しかし、この噂は間違いがあります。

なぜなら目のトラブルを引き起こしている原因のほとんどは、自分自身の不注意にあるからです。
「自分の瞳に合わないカラコンを使用している。」
「間違ったカラコンの使い方をしている。」

特に問題なのは前者です。

自分の瞳に合わないカラコンを使用している人の多くは、きちんと眼科で検査していない可能性があります。

確かに眼科の処方箋がなくてもカラコンを購入できる通販サイトもありますが、瞳のことを考えれば絶対に眼科へ行かなければいけないのです。

眼科へ行かない→適当なカラコン購入→目のさまざまな病気を発症→視力が落ちる→失明(最悪の場合)

勝手な自己判断の結果、カラコンによるトラブルが発生するのです。

眼科で行われる検査

では実際に眼科へ行った場合、どのような検査が行われるのでしょうか。

まず、眼科でカラコンの適正検査が行われます。

というのも目の形状や体質によっては、カラコンを付けられない人もいるからです。

そしてカラコンの適性検査で問題がなければ、カラコンを購入するのに必要なデータを測ってもらいます。

BC(ベースカーブ)=眼球のカーブを示す値。
DIA=レンズの直径。
PWR=カラコン用の度数のことで、裸眼視力とはまったく別物。

実は、この3つのデータ「BC/DIA/PWR」がわからなければ、自分の目に合ったカラコンを購入することはできないのです。

ちなみに眼科の中には、角膜内皮細胞の数も調べてくれる所もあります。

もし角膜内皮細胞が極端に減少している場合、失明をしてしまう危険性があります。

眼科へ行けばトラブルを減少

上記に明記したことからわかるように、「カラコンを購入する=眼科に行く」ということです。

そしてきちんと眼科でカラコン検査をすれば、目にトラブルを発症する可能性は激減します。

みなさんがカラコンを付けたいと思っているなら、必ず眼科で検査をする必要があることを覚えておいてください。

Copyright (C) カラコン初心者. All Rights Reserved.