カラコン初心者 > お役立ち > カラコンをしたまま眠るとどうなる

カラコンをしたまま眠るとどうなる

カラコンを付けた状態で眠ってしまった場合の症状と対処法

ヘトヘトに疲れてしまい、気が付いたらカラコンを付けたまま眠ってしまっていたという経験はありませんか?

そしてカラコンを付けたまま眠ってしまうと、目に異常をきたしている可能性があることをご存知でしょうか。

今回は、カラコンを付けた状態で眠ってしまった場合の症状と対処法について考えてみたいと思います。

症状&原因&対処法

まずカラコンを付けたまま眠ってしまうと、カラコンが目から外しにくくなっていることに気付くと思います。

その理由は、カラコンが目の中で乾燥してしまっているからです。

カラコンが乾燥すると、自然と瞳にくっついてしまうのです。
なかにはカラコンが目の裏にいってしまったと思い、慌てる人もいますが、カラコンの構造上、目の裏に行くことはありません。

この場合、洗面器に水を張ってその中に顔を入れて、目をパチパチと瞬きをしてください。

そうすれば、外れにくかったカラコンもすぐに外れます。

ちなみにそれでもカラコンが外れないという場合、目の隅っこに張り付いてしまった可能性もあるので、眼科へ行くことをお勧めします。

カラコンを付けたまま眠ることで、一番気を付けなければいけないことは、「目の角膜が酸素不足に陥る→目の細胞(角膜内皮細胞)が減ってしまう」ことです。

実は角膜内皮細胞は生まれた時が一番多く、その後は減少していきます。

仮に角膜内皮細胞が減り続けて一定数を割ってしまうと、目の角膜が白く濁り視界を悪化させてしまうのです。

さらにそのまま角膜内皮細胞の減少が続くと、失明に繋がる危険性もあるのです。

カラコンを変えてみては

カラコンを付けたまま眠ってしまう原因の一つに、カラコンの洗浄などのケアが手間なことがあると思います。
そういった原因で付けたまま寝てしまう人は、ぜひワンデータイプのカラコンに買い替えましょう。

最近では、眠ってしまっても大丈夫なカラコン(ワンデータイプ)もあるそうですよ。

Copyright (C) カラコン初心者. All Rights Reserved.