カラコン初心者 > お役立ち > カラコンの取り扱い方法

カラコンの取り扱い方法

カラコンの取り扱い方法について

カラコンをすでに使っている人でも、いい加減になりがちなのが、カラコンの取り扱い方法です。

カラコンを購入する前から、何となく使用方法は知っていると思いますが、「言われなくても大丈夫!」と思い込み、ついいい加減になってしまうのです。

ということでこのページでは、改めて「カラコンの取り扱い方法」について触れてみたいと思います。

これだけは間違ってはいけない

カラコンには専用の洗浄液

「カラコンを外して、つい水で洗ってしまった。」これは絶対にしてはいけない行為です。

なぜなら水にはアカントアメーバという細菌が潜んでいて、間違って水で洗浄してしまうと、カラコンにその細菌が繁殖→そのままカラコンを付けると、角膜炎を引き起こしてしまうことになるからです。

だからカラコンを洗浄する時は、必ず専用の洗浄液を使用しなければなりません。

化粧をする前にカラコンを装着

化粧をバッチリ決めたあと、「あっ!カラコンを付けるの忘れてた!」

もしかしたら、女の子にはよくあるパターンかもしれません。

しかし、これも絶対にしてはいけないことです。

なぜなら、装着の際にアイシャドウやファンデーションの粉がカラコンに付着して、眼球を傷付ける危険性があるからです。

絶対にカラコンを装着してから、化粧をするようにしてください。

カラコンの向きに注意

カラコンには裏表があることを忘れて裏向きのまま付けてしまうと、一日中目がショボショボして違和感が続き、目が充血したり痛みが生じる場合もあります。

カラコンの表は綺麗な半円形状になっていますが、裏向きの場合はレンズのフチの部分が外側に広がって見えます。

初めはカラコンに慣れていないこともあり、見間違える可能性もあるので、十分気を付けるようにしてください。

何度も見返すことが大事

この他に、無意識にカラコンを触ってしまい傷付けてしまうこともあります。
装着する前には、よくレンズの状態を見て傷がついていないか確認をしてから装着しましょう。

全ての内容が当たり前のことのように感じるかもしれませんが、それをウッカリ忘れてしまうこともあるのです。

ということでカラコンを使用する際には、もう一度、きちんとカラコンの取り扱い方法をチェックするようにしてください。

Copyright (C) カラコン初心者. All Rights Reserved.