カラコン初心者 > お役立ち > カラコンの保存の仕方

カラコンの保存の仕方

カラコンの正しい保存方法

カラコンの使用期間は、主に「1day(一日使い捨て)/1month(1ヶ月使用)/1year(1年使用)」などがあります。

多くの方が使っている1dayタイプは使い捨てなので、保存方法を気にする必要はありません。

しかしそれ以外のカラコンは、正しい保存方法を知っておく必要があります。

ということで、毎日、綺麗なカラコンを付けることができるように、カラコンの正しい保存方法について説明したいと思います。

カラコンと保存液

まずカラコンを保存する時、必ずこすり洗いをしてから専用の保存液に浸してください。

保存液は保存ケースにカラコンが十分浸るように入れて、カラコンを4時間以上浸け置きしましょう。

また、保存液の代わりに水道水を使ってはいけません。

なぜなら、水道水にはさまざまなウイルスや細菌が潜んでいるからです。

仮に保存液の代わりに水道水でカラコンを浸してしまうと、カラコンにウイルスや細菌が付着し、それを付けることによって目が傷付いたり病状を引き起こす可能性があります。

さらに、カラコンを保管しておく場合は、毎日保存液を交換する必要はありませんが、保存液の効能を維持するため、最低でも1週間に1回は液を交換するようにしてください。

ちなみにカラコンを十分な保存液で浸さないで乾かしてしまった場合、改めて十分な保存液で浸して柔らかく戻そうとしてはいけません。

というのも一度乾いてしまったカラコンを浸しても、レンズが変形してしまい、変形したレンズを装着すると目が傷つくおそれがあるからです

カラコンと保存ケース

次は保存液でなく、保存ケースについて説明したいと思います。

カラコンの保存ケースもきちんとお手入れしなければ、ウイルスや細菌の温床になってしまいます。

まず保存ケースに入っている保存液を捨てて、水道水でしっかり洗浄してください。
(その時、保存ケースの「内側/外側/蓋の部分/隅の方」までしっかりと。)

そして保存ケースがきちんと洗浄できたら、風通しの良い場所で自然乾燥させてください。

保存ケースをタオルなどで拭いてしまうと、ウイルスが保存ケースに付着する可能性があるからです。
水道水が残らないようにするためにも、自然乾燥が一番です。

上記に明記した内容が、カラコンの正しい保存の仕方です。

Copyright (C) カラコン初心者. All Rights Reserved.